シチリア島行ってきた 2

th_DSC00874.jpg
コンコルディア神殿

今日(ロンドン時間23日)はクリスマス直前という事でスーパーは駆け込みの買い物客でなんだか殺気立ってましたが、私はのんびりブログの続きを書かせて頂きます。

th_DSC00876.jpg
紀元前5世紀に建てられたそう。古っ!

三日目にパレルモからバスで2時間弱のアグリジェントの遺跡に行きました。パレルモ駅前にあるバスストップ前で運転手さんから直接チケットを買うんですが、バス内にはトイレが無いそうなのでバスストップ前のカフェでパン買うついでにトイレを借りておいた。

th_DSC00892.jpg

そう言えばトイレで思い出しましたが、パレルモで入ったカフェやバーなどのトイレはなぜかどれも便座がついてませんでした。女性用トイレもです。あれについては何か理由があると思うけど不思議でした。ホテルのトイレには普通についてました。流す時のボタンは便座の前にスイッチがある足踏み式が多かったですね。

th_DSC00894.jpg
これはアート作品らしい

外国に行くと空港や駅に着いてトイレを使う時に便器や洗面台のメーカーをついチェックしてしまうんですが、馴染みのないロゴを見ると「おお、よその国に来たなあ」と思えて気持ちが盛り上がります。意外に一つのメーカーが幅を利かせてたりするので面白いんですよ。日本だと昔のTOTOみたいな感じで、ロンドンだとArmitage Shanksが他を圧倒してる気がします。

th_DSC01041.jpg
一番奥にあるユーノー神殿

話は戻ってアグリジェントのバスターミナルで下車して、さらにそこから出ている別のバスで10分程乗った所に遺跡「神殿の谷(Valle dei Templi)」があります。受付みたいな所でカード型になったチケットを買って入るとまっすぐの道の先に神殿が見えてテンション上がりました。

th_DSC01021.jpg
あたりを見渡すと地中海が見える

各遺跡は歴史にあまり興味が無い自分でもロマンを感じる程圧倒的な存在感だった。残る柱のまわりには在りし日の姿を想像させるに十分な量の瓦礫化した残骸が転がっていました。

th_DSC01049.jpg
遺跡のようなものも

周辺には食べる所があまりないと聞いていたので(カフェやレストランはありました)、事前にスーパーに寄ってパンや現地の名産プロシュートを買っておき、バスストップの横にあるベンチが幾つかある広場でランチしました。

th_DSC01052.jpg
一番奥の遺跡からまた同じ道を戻る

th_DSC00995.jpg
ヘラクレス神殿。入り口のすぐ右手にある。戻って来てから寄った。

いったん入り口に戻って今度は逆方面の道を渡るとカストル・ポリュデウケス神殿の遺跡があります。最初に買ったチケットを使って通れました。

th_DSC00935.jpg
アトラス(テラモーン)

th_DSC00915.jpg
ゼウス・オリンピア神殿の名残り

th_DSC00982.jpg
至るところにあった刻印サボテン

th_DSC00950.jpg
th_DSC00960.jpg
th_DSC00963.jpg
カストル・ポリュデウケス神殿

夜はライトアップするそうです。ものすごくロマンティックなんじゃないでしょうか。
オフシーズンだったせいか人が凄く少なかったので、遺跡を独占したかのような気分になれました。

読み返してみるとトイレの話がほとんどになってしまってますね。どうもすみません。。。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントはまだありません。


コメントを投稿する




保存しますか?



この記事のトラックバックURL


この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。