バーミンガム行ってきた

Resized DSC05164.jpg

先週末はバーミンガムに行ってきましたよ。元々はジョージ・マイケルのライブを観に行くついでに観光してくる予定だったんですが肺炎で公演中止になってしまった。払い戻ししなければまたバーミンガムに行く事になると思うので中止しても良かったんですが、フランクフルトから来てるというクリスマス・マーケットを丁度やっているとの事なので一泊二日で行ってきました。

Resized DSC05130.jpg

マーケットでは暖かいモルドワインやモルドサイダーを飲んで身体を暖めた。モルドワインはクリスマスの時期によく飲まれるんですが、シナモンやクローブなどのスパイスやオレンジなどのシトラス系が入っていて最初は好きになれなかったんですが慣れると後を引く美味しさに感じる。その土地にはその土地に合う味があるもんだと納得させられるような美味しさです。フランクフルトから来たマーケットなのでドイツ系の味付けだったのかもしれんけどスパイスが控えめで好みだった。色んなレシピのバリエーションがあるようですよ。

記念に持って帰ってしまう人が多いのか、屋台パブではビールのグラスやワインのカップのデポジットを3,4ポンドとられるが、グラス返したら返してくれます。

Resized DSC05147.jpg

翌日はバルティと呼ばれるバーミンガム発祥のカレーを食べられるバーミンガム・トライアングルと呼ばれる所まで中心街から40分程歩いて行った。夜はあまり歩かない方が良さそうな雰囲気のエリアも通った。有名店の多くは夕方からの営業の様なのでディナーで行く場合はバスで行った方がいいかもですね。

Resized DSC05145.jpg

昼でも開いていたお店の一つに飛び込んだらまだ開店直後なのかトイレ掃除したりしてるが腹減ったのでここで食べる事に決めた。結果的に美味しいし、ウェイターのおじさんは感じいいし、これ美味しいですと言っただけで材料全部教えてくれるし、暖房いい感じで効いてるかきいてくれるし、とてもサービスが良かった。

Imrans Restaurant & Sweet House

特にスターターのタンドリー・フィッシュ(シーフード)が美味しかった。材料は日替わりみたいですがサーモンを熱したステーキ皿に乗せて持って来てくれました。スパイスが効いてマジうまでした。

肝心のバルティですが美味しいカレーって感じだったので特別な料理という印象はありませんでした。意味的にもパキスタンからの移民がバーミンガムで作り始めたカレーの事のようなのでそんなものなのかも。私はラムが苦手なのでチキンにしましたが美味しかったです。

Resized DSC05263.jpg

帰りも歩いて中心街に戻り、肉屋や雑貨が所狭しと並ぶ賑やかなマーケットをウロウロしました。皮を剥いだ羊の頭を目玉付きで売ってたりしてパワフルでした。その後は土曜で人がもの凄く多くて歩くのが大変でしたがまたクリスマスマーケットに行って買い物したりドイツ生ビールを飲んだりしてからロンドンに帰りました。

Resized IMG_0555.jpg
包装の微妙な残り方

ところで、先日の一時帰国で買って来たニンテンドー3DSのあまりの素晴らしさと楽しさに感激してるのですが、こっちで予約までして買って楽しみにしてたマリオカート3DSがリージョンコードにひっかかって日本のハードでは読み込めない事が判明して激しくショック受けましたがな。。。

日本製DS Liteでは英語の勉強も兼ねて買った英語版ドラクエが普通に動いていたので完全に油断してました。目の前にあるマリオカートが出来なくて空しいです。。。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントはまだありません。


コメントを投稿する




保存しますか?



この記事のトラックバックURL


この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。