ウインブルドン行って来た

sf1.jpg
sf2.jpg
ウインブルドン駅でなくサウスフィールズ駅で降りた方が近い。

ということで月曜日ウインブルドンに行って来ましたので大会が終わらんうちにアップ頑張らんと(笑)。今回は写真を出来るだけぎょーさんアップしますね。

DSCN7014.jpg

会場というよりは行列のある所を目指して歩く。さほど遠くなく10分も歩いてないと思う。

DSCN7016.jpg

大きな駐車場の向こうの方に行列が続いてるのが見えるのでそっちへ。

DSCN7021.jpg

最後尾発見。翌日のビッグゲームのためにキャンプしてる人もいる。夜通し並ぶ人の場所も用意してあったりと、ロンドンの行列カルチャー(行儀よく並ぶ人が多い)を感じる。

DSCN7022.jpg
16時46分に並び始めた

DSCN7025.jpg

並んでる順番の証明書をくれる。これがあると一人で来てる人もトイレに行ったり食べ物買いに行ったり出来る(と思う)ので安心ですね。一人一枚のみ発行で、後で来る人のために並ぶとかは出来ないという事らしい。

DSCN7044.jpg

ずっと向こうまで続く行列。このお兄さん達がくつろいでる微妙な位置はなんなのか初行列の私にはようわからんかった。

DSCN7035.jpg

とにかく並ぶの嫌いなんですが今回ばかりはいやに楽しいやんけ。芝生の影響や開放感もあるでしょうね。あと、並んでる人を強引に楽しませる演出が素敵です。子供をキャンディーであやすかのごとく、いちごの形した「私ウインブルドンで並びました」シール配ったり。私完全に策にはめられてますがな。。。小冊子「並び方ガイド」も配ってた(笑)。

DSCN7056.jpg

腹が減ったら行列のすぐ近くにある売店で軽食が買える。他にもアイスクリームの売店などいくつかあった。

DSCN7063.jpg
DSCN7064.jpg

ようやく広い駐車場を出ると今度は公道で並ぶ。まだまだ先は長そう。この時点で50分経過。

DSCN7094.jpg
公道が終わると今度はゴルフ場らしき所に入って行く。途中でトイレがある。あと、抜き打ちのセキュリティーがあった。

DSCN7101.jpg
DSCN7100.jpg

入場ゲートまであと400ヤード(370mくらい)。1時間40分ほど経過。

DSCN7122.jpg
DSCN7125.jpg
DSCN7126.jpg

入場ゲート到着までほぼ2時間ちょうど。ここに到着する前に空港みたいなセキュリティーチェックがあって、撮影禁止なのについ反射的に撮影してしまい、係のお兄さんが寄って来て消すよう言われた。今日撮影したの全部消させられるのかと思ったがその一枚だけ消したらOKだった。

その後X線を通す所でキーホルダーにつけてた小さなアーミーナイフとマグライトを没収された。ここで抗議していたので5分程余分にかかったと思う。マグライトをどうやって悪用すんねんな。緊急用のフエまで没収しようとしたけどそれは「絶対に吹かないで下さい」と許してくれた。

大きな地震が無い国なので、こういった物をサバイバル的に持ち歩く必要性をわかってないのもあると思う(少年のナイフによる殺人事件が多いのもあると思うけど)。隣の別のお兄さんも同じ型のアーミーナイフを没収されて「ファーック!」と怒ってました。

DSCN7130.jpg

ファーストコート。ここに入るには別にチケットが必要。

DSCN7133.jpg

センターコート。この日は英国のスター選手(正確にはスコットランド)アンディ・マレーの試合があった。もちろんここもチケットは別に必要でそう簡単に観れへん。

DSCN7141.jpg

グラウンドコートでは目の前で普通に試合やってて感動。観客席の一番上の人たちに注目。隣のコートの試合を観てる。

DSCN7146.jpg

DSCN7147.jpg

会場の俯瞰映像はこういう人達が命がけで撮ってるんですね。

DSCN7149.jpg

係の人がこのコート(3番コート)の今日の予定試合は全て終わったけど、もう1試合やるかもしれないからここで待っててもいいよと教えてくれた。ただ時間がすでに8時近くになっていたので、ここで下手に時間を食うと他の試合がほとんど観れなくなるかもしれない。しかしイチかバチか待ってみる事に。

DSCN7191.jpg

運良く混合ダブルスの試合が行われた。雰囲気は十二分に楽しめたが実力差がありすぎて面白いゲーム内容とは言えなかった。弱い方の選手は客席から笑いをとったりしてキャラは面白かったけど、最初から勝つ気が全く無さそうに見えました。

DSCN7193.jpg

後方にあるのがセンターコート。今年から照明がついたので試合を終了まで続ける事が出来るようになったそう。過去には日没で翌日に持ち越す事もあったみたい。

その頃激戦となっていたマレー戦の大歓声がセンターコートから何度となく聞こえてきた。やっぱりいつかはビッグゲームも観てみたいと思った。このセンターコートがすぐ隣にあるのに簡単に生で観せない(大スクリーンのテレビはある)という距離感がウインブルドンの演出(いい意味での差別)の凄さだと思った。ほんとによく出来たテーマパークといった感じ。今度こそセンターコートかファーストコートでとつい思ってしまいます。

DSCN7239.jpg
DSCN7234.jpg

その後9番コートでやっていた試合を観戦。台湾の選手が出ていた。やんちゃそうないい面構えだったので応援したくなりました。

DSCN7260.jpg

試合の途中でしたが、マレーの試合が終わったらTUBEがすごい人になるだろうと思いその前に帰る事にしました。翌日杉山選手が2番コートでダブルス混合の試合に出ていたのをテレビ中継していたので、ああ次の日に行けば観れたかもしれなかったなあとちょっと残念でした。来年も現役でいて欲しい。

ということで、足を運んで並ぶだけの価値がありました。楽しかったやんけ。

Posted by Teruki at 23:08 | コメント (0) |

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントはまだありません。


コメントを投稿する




保存しますか?