スッキリ

P01-04-09_18.jpg

昨日電気メーター交換の技術者が来た。大柄の若い男性だった。ここは英国な上にこういった作業をする人は事故防止のため靴は必要なはずなのですが、一応「靴脱いでもらってもいいですか?」と聞いてみた。

すると不思議そうな顔を一瞬したあと靴ヒモをほどき始めたが、「う〜ん、でもつま先が危なくないかな、、、」と自分の安全靴を指差すので、「オッケー。ほな、そのまま入ってもらっていいですよ」と言った。

彼「あなたは仏教徒ですか?」
私「いや、無宗教やけど日本人は家の中では靴脱ぐんですよ。」
彼「ならやっぱ脱ぎます!」
私「ええよええよ!でもありがとね。(感じええ奴やな)」

そうして作業準備をしながら「う〜ん、日本人の家に来るのは初めてじゃないかな」と彼。「へー、なんか意外やね。君は英国生まれ?一日何件くらいまわるの?」「うん英国人。多い時は15件くらいかな。」みたいな会話をしながら始まった作業を眺めていると突然、

「ちょっと失礼」と玄関から出て行ったので、何か道具取りに行ったのかなと思ってたら半開きの玄関ドアの向こうから「ウエーッ!」と何やら苦しそうな声が聞こえた。ん?何が起こったんやろか?と思ってたらすぐ彼がしんどそうな顔をして戻って来た。

私「(げっ、まさか吐いてたん?体調悪いんやろか?気の毒に、、、)大丈夫?」
彼「うぅ、大丈夫です。昨日ケーキを食べ過ぎちゃって。。。」

ケ、ケーキってあんた、、、そんな理由で人んちの玄関先でゲロリンコかい!(爆)住人が行き来する玄関前通路の一体どこで吐いたのか少し気になったが深く考えないようにした。ただでさえ色んなゴミが落ちてるので誰も気にしないだろう。雨でも降ったらすぐ奇麗になるやろ。

彼は吐いてすっかり楽になったみたいで、作業を進めながら「じゃ、家の電気を一度落とすよ。でもこの赤い線だけは生きてるからもし触るとバシッと感電死するからね。あ、死ぬというのは嘘で(噓かい!)、触ってしまった場合バチッ!と来るよ。」などと話しながら手際良く作業を進めた。

そうこうするうちに彼の携帯の着メロが鳴って、「ハイ、ミッシェル」と話し出した。女性の声が聴こえる。「じゃ、金曜日に」と電話を切ったので、すっかり恋人とのデートの約束だと思った私は「ガールフレンド?にくいねー、このゥ、ヒヒヒ」と言ってみた。「ううん、先週事故しちゃってその相手だよ。」言われましたがな。。。

Posted by Teruki at 21:59 | コメント (0) |

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントはまだありません。


コメントを投稿する




保存しますか?