ブリヂストン美術館

DSCN2779.jpg
ジョギング中の人々

昨日ブリヂストン美術館に行ってきましたよ。本日から展示変えの準備に入るとのことですべりこみセーフだった。展覧会は作品数が多すぎず少なすぎず、内装は部屋ごとに上品に色分けしてカテゴライズされていて、気分転換の効果もあるように感じた。また、絵が部屋の色と同時に思い出せるので、普通に飾ってあるよりも印象や記憶に残りやすいのかもしれない。

DSCN2791.jpg

沢山気に入ったけど特にキリコの「吟遊詩人」が見れたので嬉しい。あと牛島 憲之さんの「タンクの道」という作品が気に入ったんですが、買ってきた図録に写真が載ってなかった。

一階のカフェはサービスがきめ細かくてものすごく親切です。カフェだけの利用も出来るみたいですよ。コーヒー、紅茶共にたっぷり目なのも嬉しい。あれ?「地球の歩き方」みたいな文体になってきた(笑)。

この記事に対するコメント

僕もその日に行きました。
奇遇ですねぇ。
モネやルノワールの作品がたくさんあって感激でした。
カフェは本当に親切でしたね。
コーヒーたっぷり飲みました。
良い美術館ですね。
また行きたいと思いました。

Posted by: まろろん at 2008年01月28日 21:31

ごめんなさい。迷惑コメントにまぎれこんでしまってました。先日フィルターを強くしたので弾かれてしまったようです。気付いて良かった(笑)。

あれま!ものすごく奇遇でしたね。そうそうルノワールもモネもまろろんさんがお好きなクレーもありましたね。ほんとカフェ親切でしょう??ああいうサービスがリピーターを産むんでしょうね。

Posted by: Teruki at 2008年02月04日 14:09

コメントを投稿する




保存しますか?



この記事のトラックバックURL


この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。